高槻市の胃カメラ・大腸カメラ 森田内科・胃腸内科

内視鏡センター

最新マウスピース(エンドリーダー:トップ社製)

最新マウスピースとは

カプセル内視鏡

内視鏡クリニックから生まれた全く新しいマウスピース
エンドリーダー(下の写真と動画をご覧下さい)は年間6000件以上の内視鏡検査を行う静岡県のある消化器科クリニックの内視鏡医によって考案され、トップ社が商品化したものです。
検査を受けられる方への苦痛の軽減が最大限に行われるように以下の4つの工夫がなされています。

カプセル内視鏡

  • (1)マウスピースとチューブの間に舌圧子を取り付けることにより、より快適にくわえることができる。
  • (2)5cmのソフトチューブを取り付け上方へカーブさせることで、スコープの舌根への接触を防止、苦痛な嘔吐反射を回避できる。
  • (3)小型化し、シリコンバンドを装着することでくわえやすい。
  • (4)内視鏡の挿入部がチューブで固定されることにより、いわゆる「腰」ができ、内視鏡操作がより簡便となる。

最新マウスピースを検討されている方

という方は、是非新型マウスピースをお試し下さい。快適な検査をお約束致します。

>>新型マウスピースの動画についてはこちら


胃カメラのご予約・大腸カメラのご相談は、お気軽にお問い合わせください。

胃カメラのご予約・大腸カメラのご相談は TEL:072-670-1010 または 予約専用電話 072-670-1137へ

ページの先頭に戻る