高槻市の胃カメラ・大腸カメラ 森田内科・胃腸内科

内視鏡が必要なわけ

早期発見・早期治療のためにすべきこと
内視鏡検査を受けましょう!
(胃・大腸カメラがあなたと大切な家族をがんから守ります。

わが国のがんの現状

わが国のがん死亡は、全数調査である人口動態調査により把握されています。2005年にがんで死亡した人の数は約32万6千例であり、男性が女性の約1.5倍となっています。部位別の死亡数は、男性では肺が最も多くがん死亡全体の23%を占め、次いで胃(17%)、肝臓(12%)、大腸(11%)、膵臓(6%)の順、女性では大腸が最も多く(15%)、次いで、胃(14%)、肺(13%)、肝臓(9%)、乳房(8%)の順となっています。(図1)

2009年の死亡数が多いがん(図1)
  1位 2位 3位 4位 5位
男性 大腸 肝臓 膵臓
女性 大腸 膵臓 乳房
男女計 大腸 肝臓 膵臓

がん死亡の部位内訳を年齢階級別に見ると、男性では、40歳以上で胃、大腸、肝臓など消化器系のがんが5~6割を占め、70歳以上では肺がんと前立腺がんの割合が大きくなります。女性では、40歳代で乳がん、子宮がん、卵巣がんの死亡が約半分を占めますが、高齢になるほどその割合は小さくなり、消化器系と肺がんの割合が大きくなります。(図2)

2005年の罹患数(病気になった人の数)が多いがん(図2)
  1位 2位 3位 4位 5位
男性 大腸 前立腺 肝臓
女性 乳房 大腸 子宮
男女計 大腸 乳房*1 肝臓

累積生涯がん死亡リスクを推定すると、男性で27%、女性で16%、つまり男性でおおよそ4人に1人、女性でおおよそ6人に1人ががんで死亡すると推定されます。(図3)

がんで死亡する確率 ~累積死亡リスク~(2009年データに基づく)(図3)
部位 生涯がん死亡リスク(%)   何人に1人か  
  男性 女性 男性 女性
全がん 26% 16% 4人 6人
食道 1% 0.2% 84人 485人
4% 2% 24人 51人
大腸 3% 2.6% 35人 44人
肝臓 3% 1% 37人 76人
胆のう 1% 1% 89人 96人
膵臓 2% 1% 58人 68人
6% 2% 16人 47人
乳房   1%   74人
子宮   0.6%   158人
子宮頸部   0.3%   344人
子宮体部   0.2%   543人
卵巣   0.5%   189人
前立腺 1%   73人  
悪性リンパ腫 0.7% 0.5% 139人 199人
白血病 0.6% 0.4% 168人 270人

累積死亡リスクとは・・・ある年齢までにある病気で死亡するおおよその確率のこと。生涯でがんで死亡する確率は、男性26%(4人に1人)、女性16%(6人に1人)。

がんの統計07より引用

がんから身を守るためには

がんからあなたと大切なあなたの家族を守るためには、喫煙・飲酒など、がんの危険因子となる生活習慣を改めると伴に、定期的な健康チェックを行い、早期発見・早期治療に努める以外に良い方法はありません。

森田内科・胃腸内科では、がんを含めた生活習慣病を内視鏡検査、超音波検査を上手く利用し、時間的にも経済的にも効率的に見つけるプログラムをつくり、お勧めしています。

内視鏡検査は辛くありません。勇気を出して検査を受けましょう!

内視鏡があなたと大切な家族をがんから守ります!

早期発見・早期治療のためにすべきこと.

胃カメラのご予約・大腸カメラのご相談は、お気軽にお問い合わせください。

胃カメラのご予約・大腸カメラのご相談は TEL:072-670-1010 または 予約専用電話 072-670-1137へ

ページの先頭に戻る